卵の薄皮の役割

○タイデスうずら卵の賞味期限が長い理由(わけ)

タイデスのうずら卵については、水や餌などにこだわりがあり、黄身や白身の栄養分など他の鶉卵との違いが出ていますが、それを守るための薄皮も厚く破れにくなっています。
そのため、卵を80センチの高さからコンクリートに落としても弾みます。

(アーカイブ映像since2004参照)

また、白身(しろみ)はひよこの元なので酸素を必要としていることから殻の外の空気も薄皮の中へ入ってきているようです。

市場に流通している熱消毒をしている鶉卵と違い、タイデスの鶉卵は有益性微生物に守られ生きたまま出荷されますが、更にこの厚い薄皮にも守られ賞味期限が長くなるということだと思います。


薄皮にも役割があり、タイデスの鶉卵には、おまけにお肌によい成分のヒアロルン酸もあるようですので、更に価値があります。昔のように、熱消毒をしないまま売ることがあるべき姿と気がついた時に薄皮の役割も見直されると思います。

タイデスのこだわり

店主の河合です!

タイデスは水と餌にこだわりうずらを育てています。タイデスの基本姿勢とともに、こだわりの数々をご覧下さい。

お問合せ

お問合せはこちらから。

連絡先

所在地

〒441-3432

愛知県田原市野田町東ひるわ110 地図

TEL 0531-25-1950
FAX 0531-25-1951

リンク

タイデスに関係するサイト

送料

※送料を平成29年10月1日に改定いたします。

・商品毎の送料一覧表はこちら

タイデス農法の原点はこちら

○河合の心構え

○タイデス農法の原点

○雑誌・叢によるタイデス紹介

農場の庭はこんな状態

本当の堆肥とは!正しい野菜の作り方とは!

堆肥を口に入れてみる!

ロゴの意味はこちら